Q. 成年被後見人である認知症の人が、手術を受ける必要が出てきました。成年後見人に同意してもらうことで、手術は可能でしょうか?

A. 

医療行為を受けるには、原則として本人の同意(たとえば手術の承諾)が必要となります。ただし、成年被後見人となっている認知症の人の場合、医療行為について理解が難しく、同意する能力が十分ではない場合が多いでしょう。では、成年後見人が本人に代わって同意できるかといえば、病院などと医療を受ける契約を結ぶ権限はあるものの、手術などの具体的な医療行為についての同意権はないと解されています。ご家族の方と医療機関とでよく話し合っていただく必要があるでしょう。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る