Q. 認知症の父の成年後見人が、父の財産を使い込んでいることを知りました。どう対処したらいいですか?

A. 

成年後見人には、善管注意義務、身上監護義務、身上配慮義務といった義務があり、これらを果たしておらず、むしろ本人に損害を与えているということであれば、その責任を追及することになります。その方法としては、成年後見監督人を選任する、家庭裁判所に成年後見人の事務の監督を促す、成年後見人を解任するなどの方法が考えられます。なお、財産を使い込まれた損害については、その成年後見人に対して賠償請求をすることができます。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る