Q. 叔父の後見開始について審判の申立てを行う予定ですが、成年後見人にはどのような人が選ばれるのかが心配です。どのような人が選ばれるのでしょうか?

A. 

成年後見人は、家庭裁判所が選任します。家庭裁判所が成年後見人を選任するにあたっては、叔父様の療養看護や財産管理をするのにふさわしい人を選任できるように、叔父さんの心身の状態や生活状況、成年後見人となる人の職業や経歴、叔父さんとの利害関係の有無その他一切の事情を考慮します。成年後見の申立てにあたって、申立人であるあなたが、成年後見人として適当と考える人を推薦することは可能です。ただ、成年後見人は家庭裁判所が職権で選任するものですので、あなたが推薦した人が必ずしも成年後見人となるとはかぎらず、家庭裁判所が別の人を選んだとしても不服申し立てをすることはできません。なお、未成年者、破産者など、法が定める一定の者は成年後見人になることができません。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る