Q. 兄が、認知症の父の預金を勝手に引き出し、父名義の不動産も売却しようとしています。兄の行為を止めさせるにはどうしたらよいですか?

A. 

家庭裁判所に後見開始の審判を申立て、成年後見人の選任をしてもらい、財産を管理してもらうという方法が考えられます。成年後見人が選任されると、お兄さんが勝手に預金を引き出したり、不動産を処分したりすることはできなくなります。ただし、後見開始の審判は、通常、本人の判断能力についての鑑定や本人の状況についての調査を経て行われるため、ある程度の時間がかかります。その前にお父様の不動産が売却されてしまうおそれが強いということであれば、家庭裁判所に対して審判前の段階で財産を保全するための処分を申し立てるという方法もありますので、専門家にご相談ください。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る