Q. 認知症になった母を自宅で介護してきました。母が死亡した場合、相続において私の寄与分はどの程度認められますか?

A. 

寄与分は共同相続人間の協議で定めることを原則としていますので、まずは共同相続人間でよく話し合ってください。共同相続人間で合意できないときは、家庭裁判所に寄与分を定める審判の申立てを行うことになりますが、その前提として遺産分割の審判の申立てをする必要があります。認知症の症状が出た後の療養看護については、親族の扶養義務を超える特別の寄与と認められると考えられますので、付添婦を雇用した場合に要したであろう料金を算定して、その金額と遺産の総体などを考慮して、寄与分が算出されることになると思われます。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る