Q. 近所の認知症の人が虐待を受けているようなのですが、どうしたらよいのでしょうか?

A. 

「高齢者に対する虐待の防止、高齢者の養護者 に対する支援等に関する法律」(通称「高齢者虐待防止法」)には、高齢者虐待の防止に関する国などの責務、虐待を受けた高齢者に対する保護のための措置、養護者による虐待を防止するための養護者に対する支援のための措置などが定められています。高齢者虐待防止法においては、①身体的虐待、②ネグレクト、③心理的虐待、④性的虐待、⑤経済的虐待の5種類が虐待として規定されており、養護者による高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した人には、市町村への虐待の通報・届出義務が課されています。したがって、近所の認知症の方が虐待を受けているのを発見した場合は、必ず市町村への通報・届出をするようにしてください。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る