Q. 財産処分をサポートしてくれる機関はありますか?

A. 

それが通常の判断能力がある人であっても、自分ではできない処分であるなら、司法書士や弁護士などの専門家に相談してアドバイスを求めたり、財産の処分を委任することになろうかと思います。そうではなく、本人に判断能力が十分ではないために財産の処分を行うことができないのであれば、まずは成年後見制度を利用して、選任された成年後見人により、また必要に応じて専門家の助けの下に財産処分をしてもらうことが考えられます。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★
テーマ: 制度・サービス
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る