Q. 詐欺などや悪質セールスに対しては、どのように防犯すればよいですか?

A. 

クーリングオフや詐欺・錯誤を主張して、悪質セールスの契約の効力を事後的に争う法的手段はありますが、本人の判断能力の程度に応じて、成年後見制度を利用することも検討するのがよいでしょう。予防としては、悪質なセールスを行おうとする者と接触させないようにするなど、気を配ることが肝要です。

回答者: 小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★
テーマ: 社会
公開日: 2013年1月23日

一覧へ戻る