Q. 認知症と診断されたのですが、自分の財産をどのように管理していけばよいでしょうか?

A. 

成年後見制度を上手に使えば、自分の認知症が進行した後も、自分の財産を自分のために活用することができます。特に、任意後見契約や、公的後見制度のうちの補助制度は、障害が軽度のうちに自分の意思で使うことが可能な制度です。[斎藤正彦]

成年後見制度を利用することが考えられます。成年後見制度にもいくつか種類がありますので、財産の管理が適切に行われるよう、認知症の程度に応じて制度を利用するとよいでしょう。[小林康恵]

 

回答者: 斎藤正彦[医師]/小林康恵[弁護士]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 制度・サービス 生活
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る