Q. おつりの計算など買い物に支障がでてきました。どうすればいいですか?

A. 

認知症が少し進むと、計算はできるのに、買い物のとき適切な硬貨や紙幣を選べなくなります。「100円玉6個と10円玉5個で650円」といった判断がとっさにできなくなるからです。このため、少額な買い物でも、1万円札などの高価な紙幣を出すようになり(こうすれば間違いないため)、少額の硬貨・紙幣がたくさん貯まってしまうということになります。ご本人の努力や工夫でこの障害を克服するのは困難です。したがって、なじみの店でだけ買い物をするようにし、相手に事情を知ってもらい、上手に対応してもらう以外対策はありません。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 生活 症状
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る