Q. 母の病気について、医師からすべての説明を受けたいのですが……。

A. 

医師が第一義的に守秘義務を負い、その利益を守らなければならないのは患者さんです。家族といえども、患者さんと利害が対立する可能性があるとき、患者さんの了解なしに医療情報を漏らすことはできません。精神科の病棟に入院する場合の「保護者」や、成年後見制度を利用している場合の「後見人」など、家庭裁判所が認めた代理人であれば、本人同様に医療情報を聞くことができます。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 家族 病院・医師
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る