Q. 認知症になる前と比べて元気がないようです。どうしてあげたらいいでしょう?

A. 

認知症の始まりの頃は、うつ病と間違えられることがよくあります。これには2つの理由があります。1つは、認知症を引き起こす脳の障害が、意欲や興味・関心をそいでしまうことです。これについては、うつ病の治療や心理的な支援をしてもあまり効果はありません。もう1つの理由は、本人が認知機能の低下に気づき、何をしてもうまくいかないので元気がなくなったり、認知症を心配して抑うつ的になることです。これについては、適切な治療や心理的な支援で改善が期待できます。いずれにしても、素人判断をしないで、専門医の診察を受けることが大事です。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: うつ 症状
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る