Q. 認知症になった本人は、自分が認知症だという自覚をもっていますか?

A. 

もっています。自分はもの忘れをしないと頑なに言い張る人がありますが、これは、認知症の人のもの忘れは、「忘れている」のではなく「覚えていない」ために起こるからです。健康な人がもの忘れに気づくのは、人から指摘されて、「あっ、しまった!」と思い出すからです。アルツハイマー病などの場合、指摘されても、脳の中に記憶の痕跡がないので、忘れたというより、そんな話は聞いていないという感じをもちます。こうした認知症の方でも、「では、あなたの頭は今までと変わりないですか?」と質問すると、「頭が悪くなった」「バカになった」などと答える人がたくさんいます。細かく分析はできませんが、何かが頭の中で起こっているという自覚はあるのです。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 概説 症状
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る