Q. 生活のなかでどんなことが起こってきたら認知症を疑えばよいですか?

A. 

認知症のなかでもっとも一般的なアルツハイマー病では、もの忘れがひどくなる、特に注意していても思い出せないような忘れ方をするようになります。また、家事のような今まで簡単にできていたことに支障が起こる、銀行のキャッシュディスペンサーでお金を引き出すことができなくなる、電化機器のリモコン操作などが上手くできなくなるなどが起こってきます。周囲から見ていると、積極性がなくなり、引きこもりがちになったり、言葉が思い出しにくくなるなどの症状がみられることがあります。最初に起こってくる症状は、認知症の原因疾患によって異なります。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 生活 症状
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る