Q. 認知症は治ることのない病気ですか?

A. 

老年期の認知症の代表であるアルツハイマー病をはじめ、症状の固定してしまった脳血管性認知症、前頭側頭型認知症などは治ることはありません。急激に起こった脳梗塞や脳内出血の直後にみられる脳血管性認知症の症状は、最小の数か月はある程度治る可能性があります。これに対して、「治療可能な認知症」とよばれるものがあり、これは時期によってはかなり症状が消えることもあります。治療可能な認知症とは、甲状腺機能の障害、正常圧水頭症、薬物の影響による認知症などです。いずれにしても、心配なときはすぐに専門医の診断を受けることです。脳はデリケートな組織なので、放置すれば治るものも治らなくなります。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 治療 脳血管性認知症
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る