Q. 認知症になると、知的機能の低下以外に身体にはどのような変化が起こりますか?

A. 

認知症は脳の細胞が死んでしまうために起こる精神機能の障害ですが、身体を動かしているのも脳ですから、脳の障害が起これば早晩、身体の症状も起こってきます。初めは、指先の微細な運動が障害され、字が上手に書けなくなったり包丁が上手に使えなくなったりします。次第に、大きな筋肉の運動も障害され、歩くとき足を上げず、小さな歩幅で歩くようになり、転倒しやすくなります。さらに病気が進むと歩くことができなくなり、やがて寝たきりとなり、寝返りも自分でできなくなります。最終的には、ものを飲み込む、痰を吐く、排尿・排便するなどもうまくできなくなります。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 身体
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る