Q. 認知症になりやすい気質はありますか?

A. 

アルツハイマー病のリスクファクターとして、病前性格、食物、生活習慣、知的能力などが盛んに研究されています。しかしながら、確定的なエビデンス(科学的な証明)を伴うリスクファクターとしてあげられているのは、女性であること、高齢であること、アポリポタンパクとよばれるタンパク質の3種類ある遺伝子型のうちのある遺伝子型をもつことだけです。したがって、病前の気質とアルツハイマー病の発症の間に因果関係は証明されていません。性格、気質といったものは変えることのできるものではありませんから、多少問題があっても、自分の気質と上手に折り合い、付き合っていこうと考えたほうが建設的です。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 概説
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る