Q. 若年性認知症と老年性認知症は何が違うのですか?

A. 

若年性認知症と老年性認知症は、発症年齢が違うだけです。65歳以上で発症すれば老年性認知症、64歳以下で発症すれば若年性認知症です。認知症というのは病態を指す言葉で、病気の名前ではありません。つまり、若年性認知症という病気があるわけではないのです。同じアルツハイマー病でも60歳で発症すれば若年性認知症ですし、75歳で発症すれば老年性認知症です。いずれの場合も、診断はアルツハイマー病ですが、アルツハイマー病(若年発症型)、アルツハイマー病(老年期発症型)というような区別をします。ピック病のように、若年で発症しやすい病気もありますが、ピック病でも老年期に発症すれば若年性認知症とはいいません。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 若年性認知症
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る