Q. 初老期認知症とはどういう病気ですか?

A. 

若年性認知症と同義で使われることもありますが、若年性認知症という言葉を20歳から64歳までに発症する認知症と定義すれば、初老期認知症は若年性認知症のうち初老期に発症したものと考えれば良いでしょう。認知症が、病名ではなく病態を表す言葉であるのと同様、初老期認知症も、病気の名前ではありません。初老期認知症を引き起こす原因としては、脳血管障害、アルツハイマー病、前頭側頭変性症などがあげられます。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 若年性認知症
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る