Q. 意識障害とはどういうものですか?

A. 

認知症は、「意識障害がない状態で」精神機能の低下が起こることと定義されています。意識は、明るさと明晰さという二つの基準で評価します。たとえば、せん妄状態といわれる状態では、人の身体はしっかりと覚醒しているように見えますが、精神機能は夢のような状態で、普段は思いかけないような言動をし、良くなったあとも本人がその間のことをまったく記憶していないというようなことが起こります。認知症と意識障害はまったく別の次元の概念なのですが、認知症を引き起こすような脳の病気があると、意識障害を起こしやすくなるために、認知症の方はちょっとした環境の変化で意識の明晰さが低下しせん妄のような意識の障害を起こします。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 症状
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る