Q. 脳血管性認知症とはどういう病気ですか?

A. 

脳血管性認知症は、脳の血管障害の結果、栄養や酸素の供給を絶たれた脳細胞が死んでしまうことによって起こる認知症の総称です。血管障害には脳梗塞、脳出血、動脈硬化などさまざまなものがあり、血管障害が脳のどの部分に起こるかなどによっても症状が異なるため、一口に脳血管性認知症といっても症状、経過に大きなバラエティーがあります。アルツハイマー型認知症と比較して、症状の動揺が大きいこと、安定した時期を挟みながら階段状に進行する場合があること、能力障害にばらつきがあること(まだら認知症)、人格変化を伴いやすいこと、神経症状の合併が多いことなどの特徴があります。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 概説 脳血管性認知症 診断
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る