Q. パーキンソン病とはどういう病気ですか?

A. 

中脳黒質という場所の細胞が脱落することによって起こる病気です。手の震え、筋肉の強剛、突進歩行、仮面用顔貌などの神経症状が出現し、徐々に進行していきます。抑うつ症状による精神活動の低下や精神機能の遅延化などが現れますが、抗パーキンソン病薬によって改善が見られます。しかし、進行すると、10〜60%で認知症症状が非可逆的になり、パーキンソン病による認知症と診断されるようになります。レビー小体型認知症と関連が深く、特に幻視などの幻覚や妄想を早い時期から合併する時は、レビー小体型認知症を疑う必要があります。なお、脳血管障害などが原因でパーキンソン病と同じ症状が出現することも多く、これをパーキンソン症候群と呼んで区別します。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: レビー小体型認知症 診断
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る