Q. アルツハイマー型認知症とはどういう病気ですか?

A. 

アルツハイマー型認知症は、脳の中に特殊なタンパク質が貯まり、脳の神経細胞が死んでしまう病気です。脳の神経細胞が死んでしまうために、脳が本来の機能を果たせなくなり、認知症が起こります。何年もかけて潜在性に始まり、やがてもの忘れなどの症状が明らかになり、その後はスロープを降りるように進行していきます。記憶、思考、判断などの精神機能だけでなく、身辺自立の機能も徐々に侵され、進行すると、歩行などの身体運動機能が障害され、最終的には寝たきりになって、食物を飲み込む力がなくなり、誤嚥性肺炎を繰り返して死に至ります。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 概説 診断
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る