Q. 認知症の「中核症状」といわれるのは、どのような症状のことですか?

A. 

脳の神経細胞が死んでしまったことによって、その神経細胞が担っていた機能が失われます。これが中核症状です。アルツハイマー病では、早いうちから海馬と呼ばれる部位にある神経細胞が死んでしまうことが知られています。海馬は新しい情報を記憶するために重要な細胞なので、海馬の細胞が死ねば新しいことは覚えられなくなります。これが記銘力障害という中核症状です。この他、覚えていたことを忘れていく記憶障害、見当識の障害、理解・判断力の障害、実行機能の障害などが中核症状です。

回答者: 斎藤正彦[医師]
オススメ度: ★★★★
テーマ: 概説 症状 記憶障害
公開日: 2012年10月1日

一覧へ戻る