レビー小体型認知症とは

アルツハイマー病は100年以上前に発見された認知症ですが、レビー小体型認知症は1976年以降、日本人の小阪憲司先生が世界で初めて報告した病気です。ここでは、このレビー小体型認知症について解説します。[斎藤正彦]

一覧へ戻る