詩の朗読「道」藤川幸之助

アルツハイマー病の母親を20年以上介護してきた藤川幸之助さんによる詩の朗読です(『命が命を生かす瞬間』より)。

藤川幸之助(ふじかわこうのすけ)
詩人・児童文学作家。1962年、熊本県生まれ。小学校教諭を経て、命・認知症などをテーマに、詩作・文筆・講演活動などを行っている。代表作に『満月の夜、母を施設に置いて』(中央法規出版、2008)などがある。

一覧へ戻る