英国のリーダーが語る「認知症にやさしい社会」

昨今、よく耳にするようになった「認知症フレンドリー」という言葉。その本当の意味とは何なのでしょうか?

2018年3月、東京で開かれた「第1回日英認知症会議」に出席するため、英国アルツハイマー病協会のジェレミー・ヒューズ会長が来日しました。

世界の認知症施策をリードする英国のキーマンに、目指すべき「認知症フレンドリー社会」について聞きました。

インタビュー……川村雄次
撮影・構成……平田知弘

一覧へ戻る