若年認知症のための署名にご協力ください。

若年性認知症の人は、診療を受ける機会のないまま退職を余儀なくされることが少なくありません。このため、在職中に診療を受けていなければならないとする現行の厚生年金保険法によって、障害者厚生年金の受給資格が認められていません。

長年、若年認知症の夫を介護してきた越智須美子さん(福岡県在住)は、この問題を解決すべく、全国に署名を呼びかけています。

署名の目標は10万人です。ぜひ皆さまのお力をお貸しください。

署名のお願い
請願書 

カテゴリー: お知らせのページ パーマリンク