「自分の家で死にたい」と言われたら読む本

専門家による平穏死や看取りの話題があげられる昨今、介護を体験した家族から見たひとつの人生の終い方。どうやって死を支えるか受け止めるか、こころの問題も書かれている。また介護保険の使い方や行政の手続きなども参考になる。「想いがあればなんとかなると思っていただけたら。」という著者のことば、今直面している方もしていない方にもぜひ読んでもらいたい。2012年発行。(2015年介護保険改正については各自治体に問い合わせてください)

  • 著者: 関屋利治
  • 価格: 1512円 (税込)
  • 発行年: 2015
  • 出版社: 中経出版
  • カテゴリ: 書籍
  • オススメ度: ★★★★★
  • Amazonで詳細を見る
一覧へ戻る