若年認知症になった夫と生きぬいて 〜8000日の夜と朝〜

私の夫は、前頭側頭型(ピック病)の若年認知症でした。もの忘れや見当識障害だけではありません。万引き、暴力、異食等々……。夫は、さまざまな異常行動を示しました。
22年間。病名がわかるまでの紆余曲折、そして長きにわたる介護の日々は、修羅場の繰り返しでした。
この本は、発病から他界までに至る、不安と希望の日々を綴った記録です。

  • 著者: 新井雅江
  • 価格: 864円 (税込)
  • 発行年: 2013
  • 出版社: 株式会社harunosora
  • カテゴリ: 書籍
  • オススメ度: ★★★★★
  • Amazonで詳細を見る
一覧へ戻る