わが母の記

昭和の文豪・井上靖の自伝的小説が原作。洪作は積年の恨みを認知症になった母にぶつける。「息子さんを郷里に置き去りにしたんですよね」と。しかし、母から語られた真相は違っていた……。

一覧へ戻る