恍惚の人

今から約40年前に書き下ろされた、有吉佐和子の長編小説。1973年には森繁久彌主演で映画化された。認知症になった義父の介護にまつわる描写は、今読んでも古びていない。

一覧へ戻る